簡単に操作できる|シャッターにもチラシにもこだわりがある【お店のアレコレに注目!】|About Shop

簡単に操作できる

タブレットレジ

お店での会計時の変化

物を購入するとき、飲食店でメニューを選ぶとき、その引き換えとして代金を支払う段階があります。そこではレジが使われているのですが、最近見ていて簡単に操作できそうだな、と感じるレジが増えてきていませんか。
モバイル端末を使って簡単に会計をしている姿を見ると、よりスマートに買い物ができる気さえしてきます。

アルバイトにも経営者にも注目されている

こういったモバイル端末を使ったレジは、従来の重々しいレジよりも格段に操作しやすく、アルバイトの人からも人気が出ているといいます。
それだけでなく、経営者にとってもレジアプリを使って簡単に売上が管理でき、今後の戦略も立てやすいので便利です。アプリは誰でも見やすいように売上の状況や何が一番売れているのかを示してくれますので、お店を経営している人にとってはよりレジが便利になったといえます。

レジを導入するならこれも利用しよう

モバイル端末

POSシステムを導入しようと考えているお店の中では、気軽に導入できるモバイル端末レジが人気になっています。モバイル端末は導入する業者で提供している場合もあれば、導入するお店で揃えることもあり、導入システムによって選ぶようになっています。

レシートプリンター

レシートはお客様とのやり取りを記録する大事なものです。お店側ではPOSシステムで全て記録されていますが、照合のためにも必要なのでプリンターは揃えておきましょう。お店のロゴなどが印刷できればデザイン的にも目をひきます。

キャッシュドロワー

お金がむき出しで置かれていると、お客様が利用する際にも嫌な印象を与えてしまいますし、スタッフ間での金銭管理もしにくくなってしまいます。キャッシュドロワーに釣り銭はしまい、レジをする際だけ現金が取れる状態にしておきましょう。

端末スタンド

モバイル端末でPOSレジを利用できるのはお店にとってもお客様にとっても便利ですが、端末が直にカウンターに置かれていると何かと不便です。お客様にも合計金額が見えるように、首振りができるスタンドを購入してそこに端末を置くと良いです。

便利なPOSシステム

レジアプリをモバイル端末にダウンロードすることで、何が一番便利になるのかというと、「POSシステムをチェックする」ことが便利になります。アルバイトにとっても、レジ締めの作業が簡単になりますし、経営者にとっては在庫や売上がリアルタイムですぐに確認できます。

アプリでレジを使うことで変わったこと

おしゃれになった

たまに行く飲食店では、以前までは手作業で注文をとってレジ打ちをしていたんですが、最近モバイル端末でのレジに変えたみたんです。とたんにおしゃれなお店になったし、会計もスムーズだったのでまた利用しようと思えました。

細かい注文にも対応できる

新しいPOSシステムでは、トッピングなどの細かい注文にも対応できるように、アプリをカスタマイズできたのでとても便利になりました。アルバイトの計算間違いも防ぐことができるようになりましたし、重宝しています。

外国人スタッフも使いやすい

私のお店では外国人のスタッフも働いているのですが、レジ打ちで苦労している印象でした。店長がレジアプリを導入したときに、番号でメニューを使うことができるようにしたので、スタッフ全員が使いやすくなったと感じています。

広告募集中