お花は誰もが喜ぶ|シャッターにもチラシにもこだわりがある【お店のアレコレに注目!】|About Shop

地域によって違う風習

飲食店や洋服店、いろんなお店が街には軒を連ねていますが、お店が開店するときにはお花が贈られることが多いです。お店の前を通りかかったらお花を取って持って帰っても良い地域もあり、その風習は様々ですので贈る機会があれば勉強しておきましょう。

開店祝いで人気のアレンジメントランキング

no.1

胡蝶蘭

胡蝶蘭は通常鉢植えに植えられてアレンジメントされるため、病院へのお見舞いには使われません。しかし、開店祝いだと「その土地に根付いて営業する」という意味合いが出るため、大変人気がありますし、花粉が少ないのも一位になる理由です。

no.2

スタンド花

なんといっても目立つというのが人気ランキング二位になる理由です。花束や鉢植えは下に置くと通りがかる人の目線の下になりますが、スタンドで花をアレンジメントすれば目立ちますし、通行人に足を止めてもらうきっかけになるのです。

no.3

フラワーアレンジメント

花束よりもフラワーアレンジメントが人気になる理由としては、贈られた側の手間が少なくなるからです。既に鉢植えやオアシスに飾られていますので、花瓶を用意する必要もありません。プロがアレンジメントすれば、より芸術的に演出できます。

お花は誰もが喜ぶ

フラワー

お付き合い

街を見ていると新しく開店したお店は目立つことが分かります。それは開店祝いの花が飾られているからです。お店を経営していたり、付き合いがあったりする人なら分かると思いますが、こういった開店時には関連企業や顧客から花が贈られます。
これは、お祝いの意味もありますが、商売繁盛を狙うためでもあります。開店をした場合にはより大きな売上をあげて、今後の経営に繋げなければなりません。そのために、他のお店と差をつけて客足を止めようと、花を贈るのです。

お店ごとに工夫が必要

さて、開店祝いといっても、選ばれる花はお店の種類ごとに違ってくるのをご存知でしょうか。
飲食店では香りが重要であるため、ユリなど匂いの強い花は贈らないという人が多いです。また、花粉が飛ぶような花は洋服につくと落ちにくいですので、アパレルの開店祝いにも向きません。ではユリはどこに向くのかというと、エステなどの香りがリラックス効果を生むところだといいです。
このように、開店祝いの花にはマナーもあり、花屋では工夫をしてアレンジメントをしているのです。

広告募集中