入り口を飾る|シャッターにもチラシにもこだわりがある【お店のアレコレに注目!】|About Shop

エントランスは広いほうが良い

客を迎え入れる玄関の工夫は、自宅よりもお店のほうが作るのが難しいといえます。開放的な雰囲気を作るためには開口部分が広くなくてはいけませんが、防犯上は管理しにくいです。それを管理しやすくするのがシャッターの役目です。

シャッターに関するお店側の疑問

開かなくなったら簡単に修理できますか?

シャッターはスラットという長い板が連結して構成されており、それが巻き取られることでコンパクトに収まるようになっています。このスラットが壊れた、もしくはシャフトが故障したなら容易に触ってはいけません。すぐに修理業者を呼びましょう。

お店に合ったシャッターを取り付けたい

シャッターを降ろしたときには店舗の顔となるシャッターですので、店舗に選ぶ際にはよりこだわって選びたいものです。グリルシャッターや横引きシャッターもありますので、ショールームで合うものを選ぶようにしましょう。

入り口を飾る

シャッター

絵やロゴを描くことができる

店舗の閉店後には防犯のためにシャッターが降ろされます。ガラスよりも丈夫で簡単に壊れることはありませんので、シャッターを取り付けるお店は多いです。
無地のままにしておくところも多いですが、表面をペイントしたり、お店のロゴを描いたりして、閉店後もお店のアピールをすることができる部分となっています。

丁寧に扱う

丈夫で表面にペイントもできるシャッターとなっていますが、取り扱いには注意です。表面にペイントしている場合、錆がつきにくくならないように丁寧にペイントしてもらいましょう。
もし異音がした場合には内部の部品が取れかかっている可能性があります。すぐに駆けつけてくれる業者に頼んで、修理してもらうことが大事です。お店の開店までに開けなければ営業にも差し支えることがありますので、24時間対応してもらえる業者を探しておくと良いです。

広告募集中